ホーム&キッチン , 家電 , キッチン家電,/Glaserian49536.html,1959円,embimconsultant.com,車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml 車の加熱カップ 電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml 再再販 1959円 車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml ホーム&キッチン 家電 キッチン家電 ホーム&キッチン , 家電 , キッチン家電,/Glaserian49536.html,1959円,embimconsultant.com,車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml 1959円 車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml ホーム&キッチン 家電 キッチン家電 車の加熱カップ 電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml 再再販

新品■送料無料■ 車の加熱カップ 電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml 再再販

車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml

1959円

車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml

商品の説明

機能:
1。インテリジェントな温度制御:標準のシガレットライターソケット、太いワイヤー、サーモスタットのバイメタルピースによって認識され、沸騰したらすぐに電源を切ります。
2。循環保温:保温機能で、電源投入時の水温を保ち、自動的に50℃に戻します。電気がなくても3時間保温できます。
3。便利な使用法:車やトラックに適した、車内の水を飲むのに便利な、車の暖房カップのインテリジェントな12V / 24V変換。
4。急速加熱:90Wの高出力、下部に電源接点が組み込まれており、30℃から100℃まで水を約15分ですばやく沸騰させます。
5。ライニングデザイン:高品質のステンレス鋼でできており、安全で環境に優しく、お手入れが簡単で、長寿命で、長期間使用できます。


使用方法:
このステンレス製のマグカップを車のシガレットライターに挿入して、旅行中にお茶やコーヒーを暖かく飲み続けます。人間工学に基づいたデザインで、ほとんどのカーカップホルダーに適しています。水、コーヒー、牛乳、卵、お茶などを安全カバーで熱し、水が溢れないようにします。ドライバー、ビジネスマン、または長時間運転する必要があるその他の人々に適しています。

仕様:

アイテムタイプ:カーヒーティングカップ
材質:食品グレードのステンレス鋼+食品グレードのPCプラスチック
重量:約。 722g / 25.5oz
ボトルの高さ:約。 21.5cm / 8.5in
色:黒
容量:350ml





パッケージリスト:
1xカーヒーティングカップ
1xベース
1 xカップブラシ
1xブラシハンドル


注:
前に

車の加熱カップ、電気自動車の旅行用の車の加熱マグマルチプロテクション350ml

植物学に関する研究の進展と知識の普及を図ります。
The Society aims to promote studies of all the fields of Botany
and to disseminate botanical knowledge.

お知らせ

  • 会員情報管理システムの運用が開始されました。

    会員情報管理システムの詳細についてはこちらをご覧ください。
    会員の皆さまには、2月22日付で事務局よりログイン情報をメールでお知らせしました。ログイン後、初期設定を行って下さい。

  • 特集「30年後の植物科学」のご案内
    (植物科学の最前線(BSJ-Review)発行10周年記念)

    「30年後の植物科学」の姿に思いを馳せてお楽しみください。
    特設サイトは こちら

植物学会からのお知らせ・更新情報

2021年11月 4日 塚谷裕一会員が紫綬褒章を受章
2021年10月28日 JPR2021年11月号(Vol.134 No.6)和文要旨を掲載しました
2021年10月20日 令和3年豪雨の被害に遭われた会員の方々へ
2021年10月20日 公益社団法人日本植物学会2021年度第8回理事会議事録
2021年10月13日 平瀬作五郎「公孫樹ノ授精及ビ胚發育研究補修」の現代語訳を掲載いたしました

生物科学ニュース

2021年11月 5日 【研究助成】2022年度 基礎生物学研究所 共同利用研究の公募
2021年11月 1日 【研究助成】日本光生物学協会賞
2021年10月28日 ゲノム編集技術を活用した無花粉スギ開発の研究施設見学会
2021年10月27日 【求人】国立科学博物館植物研究部 研究員(締め切り10/29)
2021年10月25日 【研究助成】山田科学振興財団2022年度研究援助(学会推薦締切日:2022年1月28日)

リンク